ポンプコンバイナ

ポンプコンバイナ(Pump combiner)は数WからkW までの高出力ファイバーレーザーを構成する際に用いられています。そのため発熱が顕著になることが多く、熱によりレーザーの安定性が乱れる場合があり、熱を取り除くためにヒートシンクが付けられ、空冷あるいは水冷による対処が施される場合が多いです。

4件の結果を表示中