カスタム可能な100Wレーザークリーナー(レーザーサビ取り機)

オープン価格

レーザークリーナー(レーザーサビ取り機)とは、金属に付いたサビ等をレーザーにより除去できる装置です。レーザーの平均出力が100Wと高出力のため、しぶとい汚れも除去することができます。本製品は自社開発をしているため、ソフトもハードもカスタム対応をすることができます。

レーザークリーナーのカタログ(PDF)

*本製品は2017年度京都府ものづくり補助金により、P社と共同で開発を行いました。P社にて無料でデモが可能です。

レーザークリーナーの用途

  • 金型等のサビ・金属酸化物・ペイントの除去
  • 酸化膜・油分・グリースの除去
  • コーティング前の前処理
  • ハンダ・溶接前の脱脂
  • 溶接後の溶接焼けのクリーニング
  • 塗装膜やめっき層の除去
  • 壁や天井に付いた金属酸化物の除去
解除
商品コード: N/A 商品カテゴリー:

説明

レーザークリーナーと従来の洗浄技術との比較

従来の洗浄技術として、水を用いた高圧洗浄、有機溶剤を用いた薬品洗浄、ケイ砂を用いたサンドブラスト洗浄があります。
従来技術と比較したレーザークリーナー(レーザーサビ取り機)の特長は

  • ドライプロセス
  • 非接触
  • 母材に傷が付かない
  • 酸化物などの再付着防止効果がある
  • 産廃量が少ない
  • 低いランニングコスト

レーザー工法とブラスト工法の比較例

動画

サビや塗装をレーザークリーニングした様子

  
サビを除去した様子              金属への塗装を除去した様子      木材への塗装を除去した様子

本製品の主な特長

  • ソフトもハードもカスタム可能
  • 手持ちが可能なハンドヘルド型(ファイバー長5m)→壁や天井のサビも除去可能
  • レーザーの焦点距離を可変→手元のサビも遠方のサビも除去可能
  • 母材に損傷を与えずにサビを除去
  • シンプルな操作性

その他の特長

  • 小型・コンパクトサイズ(完全空冷)
  • 高品質・長寿命・メンテナンスフリー
  • 低価格
  • 家庭コンセントで使用可能

レーザークリーナーの外観と構成図

タッチパネルの画面

各ボタンの説明

  • 照射開始:レーザー照射を開始
  • 停止:レーザー照射を停止
  • レーザー出力(%):レーザー出力の設定(0〜100 %)
  • 連続照射:連続照射と単発照射の切り替え
  • ガイド光:ガイド光のON/OFF の切り替え
  • X スキャン幅(mm):水平方向のスキャン範囲を設定(2〜200 mm )
  • Y スキャン幅(mm):垂直方向のスキャン範囲を設定(2〜200 mm )
  • X 速度(μm/パルス):水平方向の打点間隔を設定(10〜500 μm)(*速度は1〜50 m/s)
  • Y 速度(μm/ライン):垂直方向の打点間隔を設定(10〜500 μm)(*速度は1〜50 m/s)

レーザークリーナーの評価試験

一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所にてレーザークリーナーの評価試験を行ってもらったところ、
レーザー処理部と未処理部との間に2 μm以上の段差は認められませんでした。
このことから、レーザー処理は鋼材表面を削除する加工ではなく、表面部を加熱溶融させる加工であると評価されました。

レーザークリーナーの原理

高エネルギー密度のレーザーを物質に照射すると、昇華や蒸散といったアブレーションと呼ばれる現象が起こります。レーザークリーニングは、そのアブレーションを利用した洗浄技術です。

レーザーのエネルギー密度が高すぎると金属などの母材も加工をしてしまいますが、適したエネルギー密度であると金属などの表面に付いた付着物(酸化物など)のみを除去することができます。

つまり、金属などの表面に付いた付着物(酸化物など)と母材(金属など)のアブレーション(加工)しきい値の差異を利用しております。レーザーの熱や衝撃波により付着物は除去されるが、母材は加工されないという条件のレーザーを利用します。

その際に母材の表面は改質され、酸化物などが再付着する防止効果があることも分かっています。

レーザークリーナーで金属表面のさびを除去する様子

これまで放射性物質の除去(除染)を主な目的として、原理的に遠隔操作が可能なレーザークリーナーの研究開発がされてきました。波長10μmのCO2レーザーやUV波長のエキシマレーザー、ナノ秒QスイッチNd:YAGレーザー、フェムト秒モードロックNd:YAGレーザーというように、様々な波長で様々なパルス幅のレーザークリーニングが研究されてきました。

現在は、様々な母材の吸収率が低い波長1 μmで発振する、安価で安定なナノ秒QスイッチYbファイバーレーザーが使われることが多いです。

様々な母材の吸収波長特性

お問い合わせはこちら

*本製品は2017年度京都府ものづくり補助金により、P社と共同で開発を行いました。P社にご来訪またはワーク送付によるテストが無料で可能です。

Brand

株式会社光響

追加情報

型番

カスタム可能な100Wレーザークリーナー

メーカー

株式会社光響